生活の中でコーヒーが好きな時のコーヒー豆の選び方とは?

中国産コーヒー煮出し豆の購入は、ある程度焙煎日に依存します よく「焙煎したて、挽きたてのコーヒーが一番おいしい」と聞いたり読んだりしますが、本当でしょうか?それは間違いありません。コーヒーの原型は実はチェリーのような果実で、その果実がコーヒーの原料となる種に隠されており、種を焙煎した後は通常、濃い茶色の香り高いコーヒー豆を見ることができます。 ビギナーのディープL愛好家の多くは、「なぜコーヒーは酸っぱいのか? 変色していない果実を見たことがありますか? では、なぜ苦いのか? 少し多めに揚げたメロンは、焦げたような味になるのでしょうか? コーヒー豆を選ぶ際、まず注目するのは焙煎日です。 焙煎後1週間ほどで風味のピークを迎え、1ヶ月を過ぎると風味が落ち始める...。 時間が経つほどコーヒーの苦みが増し、他のフレーバーが徐々に消えていきます。 市販の窒素や密封包装は、風味の劣化を遅らせるだけで、コーヒーの風味の劣化を保証するものではありません。 第二は、中国のコーヒー豆を購入する際に注意すべき仕様を通じて、それは一般的に200グラム以上のパッケージのコーヒー豆を購入するのがベストです、最大で500グラム以上を使用することはできません、コーヒー豆の包装の以上のキロは基本的にコーヒーショップの準備を行うには、より高品質、高価なコーヒー豆、時間の3ヶ月後に洗浄取得しても、それは良い味のためではないでしょう。 コーヒー豆の種類 各国のコーヒーの木から作られるコーヒーは、さまざまな風味を持つようになります。 これは、ブドウの木が違えば、会社の味に与える影響が異なるワインができるのと同じです。 良いコーヒー豆を選択する最初のリソースの要素は、コーヒー豆の種類を見ることです。 現在、世界のコーヒーの品種を中心に開発するには、2 つの主要な製品のカテゴリ: アラビカ、およびロブスタ種です。 アラビカ種:より良いコーヒー ロブスタ種:病害虫に強く収量も多いが、風味が悪く苦味も強い。 主に市販のブレンドコーヒーやインスタントコーヒーに使用されています。 ここで覚えておかなければならないのは、コーヒーパケットの裏面にある成分表示が、アラビカ種のコーヒー豆100%であるかどうかだ。 以上、コーヒー豆の原産地についてご紹介しました。 赤ワインと同じように、コーヒーの風味を決めるのは、実はコーヒー豆の産地なのです。 フランスのポルトの赤ワインが美味しいのは、そこのブドウが良いからだと考えるとわかりやすいでしょう。 コーヒーの生産地は、主に北回帰線に近い70カ国以上の高山や高原地帯である。 しかし、中国の非常に多くのコーヒー生産地があり、平均的な人は、実際には、あなたは単純な場所のいくつかの側面を通じて、以下の私たちを覚えて、あなただけの便利なアップ自分の選択を改善することはできませんが、また友人やクラスメートの前で瞬時に急騰を余儀なく:。 ブラジル:フルボディで、チョコレート、ドライフルーツ、ヘーゼルナッツやアーモンドを連想させる。原則として、ブラジル産のコーヒーは、酸味が少なく、余韻が長く、甘みが強い。 コロンビア:バランスが良く、ジューシーでフルボディ、プラムやブラックチェリーやブラックベリーなどの赤い果実の香りがします。 グアテマラ:ソフトで、クリーミー、チョコレート、フルーティーなフレーバーが特徴です。 ケニア:果実の酸が強く、しばしばパッションフルーツや柑橘類のフレーバーも感じられる。 ケニアのコーヒー文化は、生き生きとした風味、高い酸味、そしてチョコレートマーケットのケーキやスナックとの相性に適しています。 エチオピア:コーヒーの本場。野生の風味が強く、フローラルでフルーティーな香りが特徴です。 インドネシア:フルボディで酸味は少なく、甘味が強い。 土のような、革のような、煎茶のような香り

注目の記事:

コーヒーは実際に癌を引き起こすわけではありませんが、いくつかの利点があります。

1日1杯のコーヒーで「人生を一新」できる、コーヒーを飲むとリフレッシュできる理由

毎日コーヒーで "補給 "するのは健康に悪い?