歯科治療についてどこまで知っておくか 覚えておきたい歯科治療8つのポイント

 

歯がよければ食欲も増す」という言葉は、誰にとっても聞き慣れない言葉ではないでしょう。 健康な歯があってこそ、世界中のあらゆる食べ物を味わうことができるのです。 しかし、歯を守ること、歯の病気を予防することについて、事前にどれくらい知っていますか? 今回は、お口の健康を維持するための実践的な方法をご紹介したいと思います。

では、どのように歯を守ればいいのでしょうか。

1.健康的な食生活

これは、お口の健康と全身の健康を維持するための重要なポイントです。 誰もが大好きなチョコレートですが、おやつやデザートは制限する必要があります。 砂糖入りのスポーツドリンクは、健康な歯質を傷つけ続け、虫歯になりやすくするので、予防す美白牙膏ることが重要です。

2.朝晩の歯磨き

歯磨きは1日2回以上、できれば毎食後、1回2分以上行いましょう。 ブラッシングの際は、水道の蛇口を閉めることを忘れずに 超音波歯ブラシ電動歯ブラシは、歯垢の細菌を除去するのに非常に効率的です。 歯ブラシは3〜4ヶ月に1回交換することが肝心です。 歯科衛生士があなたに合った歯ブラシをおすすめし、カウンセリングの際に正しい歯磨きの仕方をお伝えします。 また、歯ブラシは3~6ヶ月に一度、忘れずに交換しましょう。

3.フロッシング

食後に爪楊枝を口にくわえて、歯の間の食べかすをつまんで一大事とするのが好きな人は多い。 しかし、歯科医の見解では、爪楊枝でフロスをすると、歯に圧迫感が生じて隙間が大きくなり、隙間が大きくなると詰まる頻度が高くなるため、悪循環に陥ってしまいます。 また、爪楊枝でフロスをすると、歯を傷つけ、歯痛や歯ぐきの炎症の原因になることもあります。 つまり、医師は一般的に爪楊枝の使用を控えるよう勧めているのです。

口の中の細菌の繁殖を止めるには、フロスが不可欠です。 フロスをしないと、歯の表面の33%が掃除されないことになります。 歯科衛生士が効果的なフロスの使い方を教えてくれます。

4.甘いものを控える 6.野菜や果物を多く摂る

甘いものを控えて当然なのは、虫歯の予防です。 また、甘いものが好きな方は、食後すぐに歯磨きをすることで、歯並びを整え、デザートの食べ残しを少なくするようにしましょう。 野菜や果物をできるだけたくさん食べることは、私たちの体にとてもよいことです。 野菜や果物に豊富に含まれるビタミン類は、みんなの歯の歯ぐきの出血や炎症などを予防することができます。

5.防虫のためのフッ素塗布

乳歯や生え始めの歯にフッ素を塗ってむし歯を予防することは、国際的に証明されている方法です。 6歳までは半年に1回、できれば専門の歯科医師の指導のもとでフッ素塗布を行うことが望ましいとされています。

6、キャビティクロージャ

外陰閉鎖性とは、歯牙組織を傷つけることなく歯溝に材料を塗布し、う蝕の発生を防ぐ防御壁を作ることです。 サルカスを封鎖するのに最適な時期は、歯が萌出し、カリエスが発生しない時です。

7、適時充填

最初の2回の虫歯予防の機会がつかめなかったと仮定すると、歯はゆっくりと虫歯になり始めます。 初期の虫歯の段階で、虫歯の部分を取り除き、特殊な材料で埋めれば、歯は何年も正常に使用でき、この間の費用はわずか数百円です。 当院は道立医療保険の指定医療機関であり、歯の充填は道立医療保険で償還される6つの外来単一疾患の一つである。

8.歯科修復治療

最初の4つのチャンスを逃したとして、虫歯がますます深刻になり、歯の組織がさらに破壊されれば、抜歯するしかない。 抜歯して傷口を修復した後、失われた歯を修復するために、忘れずに時間内に歯科医院に来院する必要がありますが、これはよくインプラントと呼ばれるものです。 ご自身の状況に合わせて、医師の意見を統合した上で、適切なインプラントを選択することができます。

関連記事:

あなたの健康哲学を一言で言うと、「よく食べ、規則正しく暮らす」です。

食事禁忌に関する中国医学の考え方

這個落後的飲食觀念,毀了全家的健康