クルミオイルはどのように作られるのですか? クルミ油を食べると、どんな効果があるのでしょうか?

重要な開発期間の赤ちゃんの健康開発では、母親と父親は、栄養の成長の過程で必要とされるさまざまな物理的な資質を補うために赤ちゃんを与えるだろう、補助食品は、さまざまな形を介して、多くの母親と父親が赤ちゃんの補助食品日プラススマートあなた赤ちゃんクルミ油で選び、いくつかの母親と父親が非常にクルミ油を理解していない核桃油 、以下はクルミ油の研究を分析および議論する私達の今です。 くるみ油の栄養、食べ方、くるみ油は長く食べても大丈夫なのか?

ウォールナットオイルとは?

ウォールナットオイルは、クルミの実を搾油し、精製した高級食用油です。

くるみの実には最大65~70%の油分が含まれており、くるみの実100gあたり63~76gの脂質が含まれていることが分析されています。その脂肪の主成分は、リノール酸グリセロール、リノレン酸オレイン酸グリセロールで、これらは人体に必須の脂肪酸である。

現在、乳幼児専用のクルミオイルとして「スマートベビーウォルナッツオイル」など、赤ちゃん向けに作られたクルミオイルが多くあります。 赤ちゃんにも良いので、ベビマさん、気軽に買ってみて下さいね。 ハニー、クルミ油にはどんな効果があるんですか?

くるみ油が赤ちゃんに与える効果とは?

1、赤ちゃんの健康な発育に役立つ。

クルミ油は、文化的に豊かな不飽和脂肪酸と天然ビタミンや微量金属元素を豊富に含み、中国の赤ちゃんの成長システムの発達を促進し、新陳代謝のバランスを整えることができ、赤ちゃんの体の健康な発達と成長に有益です。

2、胃腸の保護、下剤、緩下薬

クルミ油は不飽和脂肪酸を大量に含み、酸度が低いため、新鮮で無公害、乳児の胃腸の緩衝力を減らすことができ、母乳に近い脂肪酸構造、ω-3とω-6の脂肪酸比は1:1、乳児に消化吸収されやすい。

3、網膜の発達を促進する

くるみ油には、網膜の発達に不可欠な天然リノレン酸やビタミンaが豊富に含まれています。 夜盲症や視力低下を防ぎ、さまざまな眼病にも効果があります(ビタミンAは目の中で光に反応する色素の形成を促進します)。

クルミオイルはどのように作られるのですか? クルミ油を食べると、どんな効果があるのでしょうか?

クルミ油を赤ちゃんに与えるにはどうしたらよいですか?

バルセロナ教授病院の食事栄養科ディレクターであるエミリオ・ロスは、くるみに含まれるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸により、日常的に大量のくるみ油を食事に加えることで血中のLDL(悪玉コレステロール)値を15%減少させることができると述べています。

教育品質の食用油クルミ油の研究として、今、我々は注意を運ぶために、より多くの親をされている、両親の学生は、赤ちゃん自身に赤ちゃん特別クルミ油 "スマートあなた赤ちゃんクルミ油"、選択する赤ちゃんの会社を与えることができます 補完食品を作るときに食べるように追加されました。

赤ちゃんが補食を始めたら、お母さんは米粉、ご飯、おかゆ、野菜のピューレ、麺、茶碗蒸しなど、赤ちゃんや子供の補食に直接くるみ油を加えてもよいでしょう。

あるいは、本発明は、乳幼児向けの料理調理に使用し、具材、煮汁、蒸し魚、蒸し卵などに添加することができる。

保護者は、赤ちゃんの体内で他の栄養素や食用油の量を増やしたり減らしたりすることができます。 赤ちゃんへのクルミ油の添加は、何でもやり過ぎない、適度であることが重要です。

スマートベビー ウォルナットオイルは、詳細な用法・用量が記載された箱に入っています。 スマートベビーウォールナットオイルを購入したら、上記の用法用量を参考にして、赤ちゃんに与えてあげてください

クルミ油の摂取に関する注意事項

調理時

ウォールナットオイルは高温に弱く、高温になるとフリーラジカルが発生しやすくなり、より多くの影響を与え、企業の健康にもよくありません。 高温で加熱せず、低温調理で使い分けることが望ましい。 揚げ物が必要な場合は、代わりに低温で焼いたり、冷たい料理にそのまま使ったり、スライスしたパンに塗ったりと、健康教育の役割を最大限に維持できる。

保存する場合

くるみ油は、中国の製法でくるみの発達を完全に取り除いたもので、賞味期限は1年半以上あります。 使用後にキャップを締めること、光や陰を避けて保管することに気をつければ、より長期間保存することが可能です。

クルミ油の価格は一般の食用油よりもはるかに高いため、多くの違法業者が他の材料を加えたり、クルミ油の代わりに他の油を使ったりして、質の悪いクルミ油を製造するというアイデアを受け入れ始めています。従って、消費者はクルミ油を購入する際に、その品質を慎重に見極める必要があります。

クルミ油は、透明で黄金色をしており、凝集のないものが良い。 一般に良質の食用油は、透明で濁りのないものです。 オイルが水に浸かっていたり、オイルが劣化していたり、偽物のオイルが混入していたりすると、オイルは濁って透明度が低くなります。

相關文章:

クルミ油は、我々はこれらの4つの主要な効果を持っていることが判明し、多くの場合、以下の体の病気と異なる人々によって消費されることができる

ウォールナットオイルはなぜ人気なのか?その答えは、おいしくて栄養価が高いだけでなく、子どもたちにとってもより良いものです

赤ちゃんにくるみ油をあげると、脳にいいそうです。 以下の5つのポイントを覚えておいてください。