19 物流輸送の組織モデル

物流企業の輸送は、発祥の地から目的地に物資を輸送するプロセスであり、集運推薦 この開発プロセスでは、キャリアは、実際の中国の輸送市場の需要分析バランスシステムの安全性、経済性、効率、環境保護と他の要因の生産関係によると、学生を必要とします。 つまり、研究消費者あるいはエンドユーザーとしては、当該商品を入手する際に、情報そのものの価値を最大化し、物流で発生するコストを最小化し、さらに商品を無傷で早く届けたいと常に考えているのです。 しかし、魚と熊の手足の両方を持つことは難しく、輸送管理サービスの質が上がれば、必然的にコストアップにつながる。 国内での物流教育活動の実現は、多くの場合、比較的バランスよく解決できる問題であることがおわかりいただけると思います。 例えば、輸送需要の要素間のバランス、異なる主要輸送モード間の貨物フローの分布とバランス、物流技術産業とサプライチェーンの上流と下流の利害のバランスなどです。 ある観点から見ると、ロジスティクスの輸送組織教育モデルは、このバランスの産物と見ることができるだけでなく、ある輸送需要シナリオにおいて現代ロジスティクスに関わるすべての関係者が到達した重要な合意であると言えるでしょう。

実際には、物流企業の輸送管理組織の発展形態は柔軟で多様であり、異なる商品カテゴリー、運行形態、時間的要件、輸送設備等から新しい概念を導き出すことが可能である。 このような問題意識から、指導方法の違いによる概念や特徴、差異を把握しにくいケースもあるようです。 実は、中国の物流サービスモデルの基本的な理論的な考え方がわかれば、すべてが明らかになるのです。 この論文では、主に一般的な物流会社の輸送組織構造の研究を通じて、櫛の概要を分析し、読者は国の物流をより包括的に理解していることを期待します。

まず、特殊回線のロジスティクス。実際には、直接輸送、2つの物流ノード間の往復の貨物供給が十分かつバランスの取れた場合、物流会社は往復輸送の固定ルートを使用して、効果的に物流コストを節約することができます、最も一般的なモードの1つです。専用物流は、通常、一般的な貨物のために、その欠点は、時間効率的ではなく、商品は唯一の貨物駅や物流園に配信されますが、また、ドア-ツー-ドアのサービスを実現するための配信の終了時です。

2つ目は、LTL物流です。トラック丸ごと物流に対応し、オーナーから委託された荷物の量や重量がトラックの容量よりはるかに小さい場合、特殊車両での輸送は経済的でないため、荷物を1台にまとめて輸送コストを削減する必要があります。

3つ目は、車両全体のロジスティクスです。 3トン以上の貨物の委託で道路輸送モードでは、一般的に全体の車の輸送を使用しています。 実際、ここでは主に特殊車両による輸送に重点を置いており、危険物、バルク品、一刻を争うような条件の品物など、3トン以下の貨物も全車両で輸送することができる。

4つ目は、コンテナ輸送です。 コンテナ輸送ユニットの使用は、商品と効率的なトランジットのロードとアンロードの輸送モードのコレクションとアセンブリを達成するために、コンテナ輸送は、マルチモーダル輸送と方法の実現のための重要な要素である。

5つ目は、ダンピング輸送。 企業物流会社の輸送方法、トラクターとトレーラーの分離のための車両情報をダンピングの使用は、ロードとアンロード操作の待ち時間を節約するだけでなく、同時に "両端のダンピング"、"サイクルダンピング"、"道に沿ってダンピング "と組み合わせることができます。 "途中ダンピング"、"ネットワークダンピング "と他の最適化研究方法は、トラクションの容量の分析が利用価値を最大化することができます、効果的な管理は、中国の物流サービスの効率を向上させます。

6つ目は、ローリングトランスポート。 道路や鉄道のトラックと貨物の水上輸送方法を組み合わせたもので、港の積み下ろし作業の効率を効果的に高め、「ドアからドアへ」のサービス範囲を拡大するものです。

7、キャメルバック輸送。 鉄道トラックは道路車両と一緒に輸送モードの全体的な発展のために、現在、私たちの国は、より多くの研究成熟した実践は、道路投棄車両管理、唯一の輸送トレーラー部品、牽引別と組み合わせています。 汉生輸送の目的は、主な問題は、企業もできるようにロードとアンロード操作の時間を完了するための複合輸送プロセスを保存することです。

8、コールドチェーンロジスティクス 主に果物や野菜、肉、水産物、乳製品、冷凍飲料、冷凍食品、医薬品コールドチェーン、その他(化粧品、化学実験試薬など)とプロの開発物流活動の形で他の特別な商品のためにを通じて、このような商品は、製品の品質や効果を確保するために、低温環境状態のサプライチェーンのプロセス全体を改善する必要性を遂行する。 コールドチェーン物流の意義は、我々は唯一の中国の商品の変位にあることができないが、より重要なのは、商品の損失を減らすために、その管理と輸送時間のコストは、他の普通の商品の輸送よりも高いです。

9、都市の分布。都市の流通は、主に都市内の商品の流通活動に奉仕する、物流の「ラスト・ワン・マイル」の問題を解決することである。ドライ物流と比較して、都市内物流は時間効率が高いだけでなく、交通渋滞、土地利用、排気ガス、騒音・振動公害など、住民の移動と生活に悪影響を及ぼすため、都市経営の重要な要素の一つであり、都市資源の最適調整に一定の課題を投げかけているのです。

X. リバースロジスティクス 主に不良品、廃棄物や関連企業の物流管理活動の仕事に関与する他の項目のリサイクルプロセスを指し、中国の経済的、社会的価値に加えて、その主要な思想教育だけでなく、物流サービス業界の緑と持続可能なコンテンツが含まれています、逆物流操作は通常、従来の小売業者、メーカー、第三者提携モデルで使用することができます。

イレブン ルーラルロジスティクス 農村の生産と生活および関連する物流活動のニーズを満たすために、季節、散在、多様な特性、公共の福祉の特性は明らかである。ほとんどの農村地域は広大で人口も少なく、経済基盤も比較的弱いため、利益重視の物流ネットワークがこの地域を完全にカバーすることは難しく、通常は郵便網や農村部の旅客輸送ルートと旅客・貨物統合プログラムの運用を組み合わせて利用する。

XII.危険物の輸送 危険物輸送の中でも特殊なものです。危険物の輸送は業界管理部門の厳しい審査を受け、輸送・保管事業者は関連資格を取得し、危険物の定義と管理は関連国家必須基準を遵守する必要があります。中国は、国家道路危険物輸送安全監督システムを構築し、危険物輸送の全過程をダイナミックに監督しています。

粗大ごみの輸送。 過積載・過重量の貨物を輸送するための特殊な輸送手段です。 過重とは、貨物の外形寸法が道路や鉄道施設の制限を超えることをいい、過重とは主に貨物の重量が車両の設計荷重を超えることをいいます。 大型輸送作業を行うには関連資格が必要であり、貨物の使用開始前に輸送ルートを専門家が調査し、途中で輸送計画を業界管理者に提出し、承認を得なければならない。

XIV. バルク貨物輸送 バルク、大量、低付加価値、長距離輸送などの特徴がある。輸送・貯蔵過程では、経済性、低エネルギー消費、環境保護がより重視されている。

15、マルチモーダル輸送。 主に2つ以上の輸送管理方法によって全体の企業の輸送の開発プロセスを完了するための共同の努力を指します。 複合輸送は、異なる輸送手段の長所を統合し、統合された輸送システムを最適化することを重視し、輸送業者は複合輸送契約または運送状に記載された合意に従って情報サービスを提供し、社会的責任を負うため、荷主は輸送の詳細を気にする必要はない。

16.エクスプレス輸送 つまり、一般的に高速道路として知られている、他の物流方法と比較して、ポイントツーポイントの物流と配布の適時性、安全性、信頼性と利便性にもっと注意を払います。 サービスレベルが比較的高いほど運賃単価も高くなるため、エクスプレス輸送は小型軽量、高付加価値、または時間的要求の高いものが多い。

xvii. 国際物流 主に、輸送過程において、独立した2つ以上の国が協力して行う物流活動を指します。国際物流の複雑さは、国内物流のそれとは比べものにならない。管理体制、経済発展、法規制、文化、技術レベル、標準化などの面で調整が難しい国も多い。障壁を取り除き、基準を調和させるためには、国際協力や国際輸送組合の組織化が必要な場合が多い。

18.地下街の物流 近年提唱されている新しい物流モデルで、知能化・自動化技術を中心に、地下のパイプネットワークシステムを活用し、効率的な物流を実現するものです。 高速・高精度というメリットだけでなく、都市の分布の弊害を効果的に解消し、これからの持続可能な都市づくりのためのソリューションのひとつといえます。

緊急時のロジスティクス 主に気象災害、地質災害、公共安全および健康上の緊急事態に対応し、緊急保護を提供するために用いられる物流活動。 緊急時の物流は、予測不可能であり、経済的にも弱いという特性があります。 事前・中期・後期の全てのプロセスにおいて、迅速な対応、迅速な意思決定、迅速な対処を重視しています。

注目の記事

特別輸送機が遠くにあるとでも思ったのでしょうか。 実際には、生活の中でこれらのタイプの製品輸送サービスです。

さまざまな物流・輸送手段の特徴とは?

流行に伴う物流・運送業界の影響、対策、長期的な発展について