敏感肌と決別するためにできる6つのこと

f:id:openendfe:20210705205434j:plain

敏感肌と決別するためにできる6つのこと



敏感肌の方は、原因不明のヒリヒリ感、ヒリヒリ感、乾燥、かゆみなどの不快感を感じることがよくあります。 このような悩みを抱えていると、気が狂いそうになったり、惨めな気持ちになったり、仕事に支障をきたしたり、最高の自分でいることができなくなってしまいます。 ここでは、敏感肌の人に正しい皮膚保養をアドバイスする、敏感肌のための6つのケア習慣をまとめました。

1.水分補給が大事

ローションやクリームは、肌の表面に水分を閉じ込めたり、刺激物の侵入を防ぐための一時的なバリアの役割を果たすために、常にそばに置いておきましょう。 敏感肌の方は、特に保湿剤の選び方に注意が必要です。 香料に含まれる化学物質の中には、皮膚に刺激を与えたり、不快感を与えるものがあります。 そのため、カモミールアロエベラを配合した鎮静効果のあるクリームが最適で、香料や染料、酸を含む製品は避けた方がいいでしょう。 ですから、「モイスチャライジング」という言葉がついている製品は、通常のローションやクリームよりも保湿性や保護性に優れています。

2.シャワーの注意事項

また、不適切なシャワーの習慣は、敏感な肌を刺激します。 シャワーは5~10分程度にし、お湯は熱すぎないようにしましょう。 石鹸は保湿剤と一緒に使い、全身に塗らないようにしましょう。石鹸は顔、手、足、脇の下、プライベートな部分にのみ使います。 強くこすりすぎてはいけません。角質を取りすぎると肌のバリアが壊れてしまいます。 シャワーを浴びた後は、柔らかいタオルで肌を優しく乾かし、保湿剤を忘れずに塗って、肌の潤いを保ちます。

3.脱毛の準備

敏感肌の人は、ワックス脱毛の際には特に注意が必要です。 まず、ワックスをかける前に、しっかりと潤滑油を塗ることが大切です。 肌が乾燥していると、肌荒れやひっかき傷が起こりやすくなります。 次に、潤滑剤には普通の石鹸を使わず、無香料のヘアスプレーやコンディショナー、ボディオイルなどを使うことです。 シャワーを浴びた後に除毛するのが一番良いのですが、それは肌が一番柔らかく滑らかな時だからです。 終わったら、ぬるま湯で余分な潤滑油を洗い流し、冷水で洗い流して毛穴を閉じることを忘れないでください。 乾かした後はすぐに保湿ローションを使うことを忘れないでください。

4.アンチエイジング製品を避ける

敏感肌の人は敏感肌防曬が大切です。 人は若く見られたいと思うものですが、敏感肌の人はアンチエイジング成分を試してはいけないので注意が必要です。 ヒドロキシ酢酸、フルーツ酸、レチノールを含む製品の開発では、刺激を感じたり、肌が弱くなったりすることがあります。 オートミール酵母エキスなど、肌を落ち着かせる成分を含む製品を定期的に使用することも、肌を若々しく保つのに役立ちます。 どうしてもアンチエイジングのための化粧水やクリームが手放せないという方は、毎日使うものを一晩おきにして、少しずつ成分を減らしていくと、最終的には化粧水やクリームに頼らずに済むようになります。

5.経済的な泡立ちの良い洗顔料は使わない

シャワージェルやクレンザーの泡は使いやすく、掃除の楽しさを増すこともありますが、実際には肌を乾燥させ、肌を保護する天然のオイルを取り除いてしまいます。 香料の入っていないクリームタイプのクレンジングを選ぶと、肌がより健康で丈夫になります。

6.日焼け対策に注意

誰にとっても、毎日、日焼け止めを塗ることはとても重要です。 優れた日焼け止めは、シワやシミ、日焼け、さらには皮膚がんの予防にもなります。 敏感肌防曬け対策が重要になります。 日焼けは、肌の自然なバリアーにダメージを与える最も一般的な原因の一つです。 長時間、太陽にさらされた後にバリアを修復するのは非常に困難です。 SPF≧15の日焼け止めを2時間おきに塗る必要があります。 泳いだり、汗をかいたりしたときは、より頻繁に塗布してください。 日差しが最も強いのは10時から16時の間なので、日差し対策を心がけましょう。

関連記事:

敏感肌のケア方法、日焼け止めは優先的に

9つの良い習慣で、敏感肌はもう悩まない

敏感肌のお手入れで避けたい3つのこと

詳細はこちらをご覧ください:

www.sundaymode.com