進行した前立腺がんの患者さんには、内分泌療法がメインのルートとなる

f:id:openendfe:20210626210606j:plain

進行した前立腺がんの患者さんには、内分泌療法がメインのルートとなる

前立腺がんと診断された後は、適切な治療法を選択することが重要です。前立腺がんはどのように治療すべきでしょうか? 泌尿器科主任医師によると、前立腺がんを含むすべての腫瘍を治すには、根治治療の原則に基づき、手術が最善の方法だという。がんの早期発見、早期診断、早期治療、早期防癌後が良い。しかし、外科的切除は通常、がんの初期段階で行われます。当院の患者さんの60%が前立腺がんと診断されたときには、すでに進行していて、腫瘍が転移しています。 手術の可能性は基本的にありません。前立腺がんはホルモン感受性の高い腫瘍であるため、進行期には内分泌療法が主な治療法となります。 内分泌療法の薬剤には、他の腫瘍に比べて全体的なコントロールがしやすいものがあります。

内分泌療法に加えて、進行した腫瘍をコントロールするためには化学療法も有効ですが、現在は化学療法の副作用を誇張する人が多いため、多くの患者さんが化学療法を恐れています。

進行した前列腺癌の患者さんで、骨が痛くて痛くて動けなかったのに、化学療法を受けたら立ち上がって歩けるようになり、全身の状態が格段に良くなったという方にたくさんお会いしました。 化学療法の副作用は薬によって効果的にコントロールできるので、思ったほど怖くはありません。実際には、分子標的治療や免疫療法などの新しい治療法があり、前立腺がんの治療にも有効です。具体的な治療方法の選択は、患者さんのステージや実際の状態に応じて検討する必要があります。

関連記事:

前立腺がんを予防するために、"重要な腺 "を守るには?4つのポイントにご注意ください

前立腺がんの罹患率が高いのはなぜですか?

進行性前立腺癌の骨転移は6ヶ月間の生存を予測し、10年後の奇跡的な生存を予測する

詳細はこちらをご覧ください:

www.dailynewspot.com

ww.afterworktoday.com